スーパーウォール工法・スーパーストロング構造体新築工事は田ノ上工務店へ

田ノ上工務店

パッシブデザインの家づくり

パッシブデザインってどんな家?

田ノ上工務店では「夏はサラサラ」「冬はポカポカ」自然の力を利用したパッシブデザインの家を提供します。
パッシブデザインの家では、太陽から熱を取り入れ、風を通して流すという自然エネルギーの出入りを上手に利用します。
断熱性の高い外壁の採用等により自然エネルギーをそのまま受け入れ(passive=受け身)、結果的に、エアコン等のエネルギーの消費(active=能動的)を抑えることになり、より快適に、そして、より健康的な居住空間となります。
このようにパッシブデザインの家では、省エネルギーの家が実現でき、光熱費を抑え、地球環境にも優しい家となります。

パッシブデザインの家とは


『空気を自然循環させる構造にする』 『建物の断熱、気密性能を高める材料で家をつくる』

↓

『エネルギーの消費を抑える』 『健康で快適な居住空間』 となる

↓

『エアコンや暖房器具を積極的に使わない』ライフスタイルになり、光熱費の抑制につながる

※建築見学会随時開催しています。パッシブデザインの家を体感してください。お気軽にお問合せください。

パッシブデザインの家はどうやって実現するの?

太陽から熱を取り入れ、風を通して流すという自然エネルギーの出入りを利用するには : 

  • 断熱性を高めて、エネルギーロスを防ぎます。冬は、建物の中にある熱を逃がさないようにします。   

  • 風の通り道を作って気持ちよく暮らします。夏期夜間や中間期に外気を取り入れ、室内を涼しく保ちます。

  • 日差しを上手に利用します。冬は陽だまりをつくり、自然エネルギーを暖房に利用します。       

  • 夏は日差しをさえぎり、建物に入ってくる日射熱を少なくし、室温を涼しく保ちます。         

  •  
  • 昼間の明るさを住宅室内に取り入れることにより、人工照明の利用を減らします。           

田ノ上工務店の家の性能へのこだわりを実現するのがパッシブデザインの家! 「パッシブデザインのことをもっと知りたい」や「どんな施工事例があるの?」等々どんなことでもお気軽にお問合せください。建築見学会にもどうぞお越しください。 

   
Copyright© 2012 株式会社 田ノ上工務店  All rights reserved.