珪藻土・ヒノキチオール・吉野檜・吉野杉/自然素材

明日の住まいを考える自然を感じる家づくり 田ノ上工務店
HOME 会社紹介 施工例 シックハウス対策 自然素材について リンク集
自然素材を使用したぬくもりのある家づくり。広がる団欒の和。なごみの空間演出。
 

珪藻土について

古代から今日まで、よく使われている天然資源
最近は珪藻土を用いた塗り壁材が注目されてきています。
珪藻土は、太古に生息した植物性プランクトン(珪藻)の遺骸が、海底や湖底に永年にわたって推積してできた粘土状の泥土です。
珪藻とは、光があるところではどんどん増え、魚の餌になるので「水中の牧草」と呼ばれている単細胞の植物です。
日本では昔から七輪の材料としても使われてきました。
珪藻土は火や水に強く、湿度が高いときは湿気を吸い、乾燥しているときには逆に湿気を出します。
これは、起源が植物ということもあり、ミクロな穴が表面に整然と並ぶ多孔質体であるためで、有害な化学物質を吸着する効果もあるという優れものです。
その小さな粒子の中に無数の孔質(空気層)を抱えることによって、他の素材からは比べものにならないほどの調湿性や断熱性、遮音性、脱臭性などにも優れています。
石膏プラスターの2〜3倍の調湿性、モルタルの約10倍の断熱・保湿性があるといわれています。
珪藻土と同様な性質の材料として、シックイやシラスなどがあります。
色は白から始まり20種類あり、見た目はシックイと見分けがつきませんが、機能面では十数倍上です。

▲ページトップへ

ASAWOOLについて

麻で作られている断熱材
フィンランド国内において、1900年代の半ばまでは、亜麻の断熱材が断熱材として一般的に使われていましたが、その後、急速に忘れ去られてしまいました。
人工繊維が市場に出回りだし、伝統が断ち切られてしまったと同時に、建築的モラルも低下してしまったからです。
そのため、湿った断熱材がそのまま施工されるというようなことも起こり、カビ問題の基礎が徐々に生まれたのです。
その後、亜麻フェルトが輸入されるようになり、建築に亜麻断熱材が回帰しました。
麻ウールは天然素材の断熱材(亜麻)なので、環境に優しい再生可能資源です。
吸湿性があり、呼吸する断熱材で断熱性にも優れています。
  熱伝導率:λ10=0.045W/mK(0.038kcal/m・h・℃)   (財)建材試験センター測定結果による
麻ウールの繊維は、蜂の巣状、多孔性、毛細管状です。
空気中の湿気を拘束し、湿度が下がると、拘束している湿気を放出します。
空気中の湿気が結露するような障害がないので、断熱材に結露することはありません。
また木材と同じく基礎繊維の細胞構造が蜂の巣状になっているので、空気を含み易い構造になっていることが、断熱性に優れる理由です。

▲ページトップへ

ルナファーザーについて

環境にやさしい壁紙
環境にやさしい壁紙
ドイツ生まれのルナファーザーという壁紙も通気性や吸湿性に優れています。
この壁紙は80%以上の原料が再生紙でまかなわれ、森林資源をほとんど使わず環境にやさしい商品としてヨーロッパで広く普及しています。
ルナファーザーは、水性のエマルジョン塗料を塗装して仕上げます。
しかも、10回程度も重ね塗り出来るため、リフォームの際にも壁紙を張り替える必要がありません。
焼却時にも有害物質はほとんど出ないという、環境をよく配慮した商品です。

▲ページトップへ

吉野檜について

日本の風土がつくりあげた最高級の檜
最近「木」をとり入れる施設、住宅が増えてきています。
昔ながらの「木」の持つぬくもりの効果が見直されてきたためです。
乾燥した木は、空気を含んだ細胞の集合体の為、熱を伝えにくい特性をもち、触れると温く、手触りも良く、人にもやさしい最高級の断熱材でもあります。
また、強い光や紫外線を吸収し、目にもやさしい素材でもあります。
防音機能においては、強い音を吸収し、まろやかな反響を返してくれます。
調湿機能においては、内装材として使用することにより、人間が一番快適に感じる60%前後の湿度に保つことができます。
強度は軽く強く、法隆寺においては千年たった今も健在で、まだこの先千年は持つといわれています。
見た目にも「やさしく」「あたたかく」「和んだ」イメージを与え、香りは生体を鎮静化させ、ストレスを軽減させたりする効果があります。
「木」は精神的と物理的なメリットを兼ね備えているのです。
吉野檜は紀伊半島の深奥、吉野・高野・十津川地方に生息する大径木で、「スギ」と並んで日本の代表的な針葉樹です。
この地は海抜300m〜800mと檜には最適の地形を有し、年間の平均気温も14℃、年間降水量2500mm、積雪も年数回50cm以内、また古生層・中世層からなる燐酸加里・珪酸塩類に富み、保水と浸水性がきわめてよく檜育成には最高の土壌です。
吉野檜は油分を多く含み粘りけのあるのが特徴です。
木材の市場価格は木曽檜の3倍といわれています。

「ヒノキチオール」とは・・・

青森ひばや檜に含まれる抗菌防臭作用の高い天然の薬用成分です。
このヒノキチオールの最大の特長は、優れた殺菌力にあることから、保存料や防かび剤としても用いられています。
また、気管支喘息や鼻炎などのアレルギー症を引き起こす原因のダニに対しての防虫効果がある為、アトピーなど皮膚疾患への改善作用があります。

▲ページトップへ


建材・集成造作材補修全般・建築設計施工
田ノ上工務店 WOOD MAKE UP SERVICE

〒634-0846 奈良県橿原市小槻町291番地4 TEL.07442-3-2415/FAX.07442-4-2949 

Copyright© 2003 田ノ上工務店  All rights reserved.