シックハウス症候群の対策・原因/田ノ上工務店・奈良・橿原

明日の住まいを考える自然を感じる家づくり 田ノ上工務店
HOME 会社紹介 施工例 シックハウス対策 自然素材について リンク集
せっかく建てる家だから、建てる前に、家族の健康や安心のために知っておこう!
 

シックハウス症候群って何?

室内空気汚染による健康障害
近年、住宅を高気密化することや、化学物質を放つ建材や内装材の使用により、新築や改築後の住宅などで、居住者に様々な体調不良が生じていることが数多く報告されています。
新築住宅やリフォームしたばかりの室内に入ると、特有の刺激臭がして、目やのどがヒリヒリ、チカチカしたことはありませんか?
症状は多様で、症状発生の仕組みをはじめ、未解明の部分も多く、また様々な複合要因が考えられることから、「シックハウス症候群」と呼ばれ、「化学物質過敏症」の一種と考えられています。
有害な物質が含まれている新建材を多様した家では化学物質による室内空気汚染などがあり、その場所に長期間住むことによって、症状が慢性化し、人間の体が蝕まれていくのです。
英語で「シック」は病気、「ハウス」とは家。「シックハウス」とは、病気を引き起こす家というような意味になります。

「化学物質過敏症」とは・・・
最初にある程度の量の化学物質に暴露されるか、あるいは低濃度の化学物質に長期間ばく露されて、いったん過敏状態になると、その後極めて微量の同系統の化学物質に対しても過敏症状を来す人があり、化学物質過敏症と呼ばれています。
人体の化学物質を受け入れる能力には限界があり、これを超えると化学物質過敏症が発症しますが、化学物質を受け入れることのできる能力には個人差があります。

▲ページトップへ

どんな症状が起こるの?

症状には個人差がありますが、目、鼻、のどの粘膜性症状や乾燥、皮膚の乾燥、じんましん、湿疹、疲労、頭痛、めまい、吐き気などが症状としてあげられます。
アレルギーやアトピー性皮膚炎などの現代病も、新建材に含まれる化学物質が原因で引き起こされると考えられています。

▲ページトップへ

シックハウスの症状を引き起こす要因って?

シックハウスの原因と考えられる室内汚染の発生源には、

●建材・家具・日用品等(防虫剤、化粧品、タバコ等)からの化学物質の放散量
●暖房器具等からの燃焼ガス
●住宅の設計、施工方法(住宅の高気密化)
●換気などの住まい方(昼間不在など、閉め切ったままの暮らしが多い)
●化学物質等に対する感受性の個人差

など様々な要因が、複雑に関係していると考えられています。
建築基準法を守るだけでなく、身の回りの日用品や換気など、住まい方にも十分気をつけましょう。

▲ページトップへ

汚染物質の弊害

●ホルムアルデヒド
  メチルアルコールを酸化させた刺激臭の強い気体。
 建材に含まれる化学物質のうち、人体に影響の大きい有害物質のひとつ。
 目への刺激やぜんそく、頭痛などの症状が生じ、発ガンの可能性も指摘されています。

●ベンゼン
 合成樹脂、合成ゴム、合成繊維有機顔料などの原材料。
 皮膚や粘膜を刺激します。

●トルエン
 有機合成の原材料でもあり、塗料やインキの有機溶媒としても用いられます。
 中枢神経に作用し、頭痛などの症状が生じます。
 また、目や皮膚も刺激します。

●カビ,ダニ
 カビやダニは、ぜんそくやアレルギー疾患の原因となります。
 こういった害虫は増えてから駆除するのではなく、毎日のこまめな掃除、通風で繁殖を押さえることが肝心です。

▲ページトップへ

 改正基準法に基づくシックハウス対策

1.ホルムアルデヒドに関する建材、換気設備の規制

ホルムアルデヒドは刺激性のある気体で木質建材などに使われています。3つの全ての対策が必要となります。

1)内装仕上げの制限

ホルムアルデヒドを発散する建材を内装仕上げに使用することに対する制限。

2)換気設備設置の義務付け

ホルムアルデヒドを発散する建材を使用しない場合でも、家具等からの発散があるため、原則として全ての建築物に機械換気設備の設置が義務付けられています。

3)天井裏などの制限

天井裏、床下、壁内、収納スペースなどから居室へのホルムアルデヒドの流入を防ぐための措置をとる。

2.クロルピリホスの使用禁止

クロルピリホスは有機リン系のしろあり駆除剤です。
居室を有する建築物には使用が禁止されました。

▲ページトップへ


建材・集成造作材補修全般・建築設計施工
田ノ上工務店 WOOD MAKE UP SERVICE

〒634-0846 奈良県橿原市小槻町291番地4 TEL.07442-3-2415/FAX.07442-4-2949 

Copyright© 2003 田ノ上工務店  All rights reserved.